感想&評価

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 第2話ネタバレとあらすじ無料試し読み

投稿日:

 

 前回はコチラ 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

石川がまごまごしていると、ナナはお尻を突き出して準備万全となります。

 

その腰はかなりやせ細っていましたが、大人としての肉付きはありました。

 

ナナは石川を促すように「いいですよ、入れて」と優しく微笑みます。

 

石川は後ろからナナの身体をまじまじと見ています。

 

直ぐに彼女の言葉に反応しなかったのは、やはり何処か後ろめたさを感じていたからです。

 

但し、彼女にとっては性行為は単なるお礼であり、当然の成り行きでした。

 

それゆえ、ギンギンに勃起させている石川を見ながら、何故彼がためらっているのか理解できなかったわけです。

 

そして「本当に入れていいの?」と尋ねる彼に対して、痺れを切らすように「さっさと入れて出してください!」とダメ押しします。

 

 

その言葉に急かされるように、彼は優しく挿入しはじめました。

 

 

しかも、彼女が痛がらないように、ゆっくりした腰使いでした。

 

 

実の父親からは一息に突かれていたのに、石川のやり方があまりに違うのにナナは違和感を覚えます。

 

 

彼女はモヤモヤしたものを感じながらも、奥のほうに石川のモノが入ってきたのを感じました。

 

 

それでも彼から優しい言葉をかけられたので、「べつに、もっと速く動いていいですから」と本音をぶつけます。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

ナナは石川の優しさが分からないまま、いつもどおりの性交渉に専念します。

 

 

やがて石川も気持ちよさが理性に勝り、腰の動きを速めていきます。ナナもそれに感じ始めるようになり、彼女の甘い吐息が石川をますます高ぶらせます。

 

「うう、気持ちいい、もう出そう」、それに対してナナはすかさず、「そのまま、中に出していいですよ」と応答しました。

 

 

「えっ、でも」と彼は一瞬困惑しますが、意思とは無関係にナナの中に熱いものを放出してしまうのでした。

 

 

コトが果てた後でも、石川のムスコはまだ元気でした。

 

 

彼女はそれを見て「私なんかじゃ満足できなかったんですか」と悲しい顔を見せます。

 

「まさか、ものすごく気持ちよかった」との言葉に対しても、納得できませんでした。

 

そこで彼女は仰向けになり、足を開いて次の挿入を促しました。

 

 

石川は、彼女が自分の膣に自信を持てなくなっているのを心配します。そして、「ナナのカラダが気持ち悪い分けない!」と再び挿入を開始します。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

101059220_BookLiveコミック【AC】ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして※スマホ専用

 

-感想&評価

Copyright© ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして ネタバレと無料試し読み(チンジャオガール最新作あらすじ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.