感想&評価

軍隊式性欲管理6話ネタバレ&無料試し読み

更新日:

 

 

「軍隊式性欲管理」をネタバレ!

 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

 

第6話あらすじネタバレ

 

ダリア・ミラー大尉は、下からも激しく突き上げられているものの、もっと快感を求めて自身の秘部を押し当てて刺激を得ようとするのでした。

 

これまでセックスを我慢してきたダリア大尉にとっては、夢にまで見た激しい営みです。

 

 

彼の太いもので突かれると我慢していた感情が一気に爆発してとろけるような表情になっていくのです。

 

激しいピストンのなかでももっと刺激が欲しいと自分でクリを弄ぶダリア大尉。

 

ピストンとクリへの刺激でダリアを止めることは出来ません。

 

激しくあえぎ声をあげながら、「しゅき」と甘えるダリアは久しぶりのセックスということもあり、豪快に絶頂に達してしまったのです。

 

潮まで吹いたダリア大尉ですが、こんなもので満足するわけがありません。体位を変えては更に激しく燃え上がるのでした。

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

クリをさんざん弄ばれておっぱいも可愛がってくれる。

 

そこが敏感なことを知っているように首筋に舌を這わされるとそれだけで何度も何度も絶頂を迎えてしまうのです。

 

彼が触れるだけで絶頂を迎えるまでに敏感となっているダリア大尉。

 

ダリア大尉がどうすれば喘ぐのかを知っているかのように刺激を繰り返すのです。

 

そして、アナルにまで指を入れられてしまったダリア大尉。恥ずかしい部分に指を入れられても、その刺激の快楽には抗うことができずにとろけるような表情にあえぎ声もこぼれていきます。

 

全て彼に支配されるダリア大尉だったのでした。

 

そして、ダリア大尉に男の熱いものが注がれてしまうのでした。

 

最終話であるため、二人のセックスを生々しく、そして理性などを失った動物が絡み合うようにセックスを繰り返す2人。

 

挿入されながらももっと気持ちよくなりたいと自らクリを男性器にあてて刺激を得ようとするダリアは感じているときの顔も妖艶でエロさ抜群です。

 

ラストに愛を実感しているかのように目を閉じながら感じまくる表情を見ただけでも、二人のセックスがどれ程気持ちがよいものかが伝わってきます。

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

-感想&評価

Copyright© 軍隊式性欲管理ネタバレ完全版 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.